スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わすれもの


自分の持ち物はきちんと整頓して身の回りに置いておかなければなりません。
限られた空間で多数の人間があくせく活動しているキャンプ地ではなおさらのことです。僕のように同窓会キャンプ後の鮎喰川の川原に、磯足袋を干したまま忘れてきてしまうのは論外です。
人の忘れ物はいっぱい拾ったのに、自分のは見落としです。こら!

磯たびは、キャンプ後に僕達より少し長く川遊びをしていた10期えい班の川ガキたちが磯足袋を発見してくれました。
置いてあった位置からして僕のだろうと、ちいが回収して後で連絡をくれたのです。

ちい曰く、「えい班はいつも忘れ物をみつける」。

その磯足袋は、先日お堰にて僕の手元に戻ってきました。
帰って開けてみると、新品の靴のように包んでくれていました。
ぼろぼろの磯足袋なのに!ほんとうに申し訳ない!

IMG_0002.jpg


しかもちいの地元名物の播州ラーメンなどもいただいてしまいました。
それと「かつめしのたれ」。
ご飯に牛カツと茹でキャベツを乗せて、たれをかけて食べる加古川名物のようです。
茹でキャベツは絶対に忘れてはならないとか。

メールの説明があまりにもおいしそうだったので、午後11時すぎに仕事が終わったある日、
深夜まで開いているスーパーにわざわざ牛肉を買いに行って作ってしまいました。
もう我慢むり!

たれは酸味の効いたハヤシライスを思わせ、そこにキャベツがほどよい甘みを加えます。そして牛肉の存在感!
これはうまい!
深夜0時に2号炊いた米をすべて平らげ、ビール片手に写真を撮るのも忘れて楽しんでしまいました。

いやあ、なんか本当に申し訳ない。
この場を借りてお礼申し上げます。

とにかく、忘れ物はいけません。
キャンプ中は身の回りのものをきちんと整頓しておくように!←説得力なし

(たくや)
スポンサーサイト

あすたむらんどにて



台風きてしまったね!
週末は11期のみんなに会えず寂しかったです!

でも、ごめん!!
私ら遊んでもた!
もちろん川ちゃうよ!

雨もまだあまり降ってなかったので、
現地入りしてしまったスタッフや、徳島在住のスタッフやらで
「あすたむらんど」というところに行ってきました。
科学館や、外に遊具とかいっぱいあって面白いとこです。

②あすたむ
③あすたむちち
④あすたむ自転車
⑤あすたむ吉野川下り
⑥あすたむでこぼこ
⑦あすたむくらけん
⑧あすたむわっきー



4時間くらいいたかな?
子どもより遊んだ自信があります!!!



あすたむらんど・川の学校11期 from eieio on Vimeo.



ちなみに、むーみんがこんなテントを買って持ってきていたよ!
外は雨なので、家の中で建てました。笑
3人が寝転べる広さ!!

①むーみんテント


たーのしかった!!!

(えい)


鮎喰川キャンプ中止



大変残念なことですが、先週末に予定されていた鮎喰川の川の学校は、
前日の大雨で中止になりました。
金曜日の時点でかなり増水していたのと、その後の天気も不透明でそう判断したそうです。

本当だったら3日目だったはずの月曜日。
徳島に残っていたスタッフでキャンプ地の様子を見てきました。
多少水は引いたようですが、まだかなりの増水です。
残念でなりません。

次回はどうか、好天に恵まれますように。

雨のバカヤロー

IMG_5151_convert_20110920055730.jpg

(たくや)

大文字山



旧暦の8月15日の月を日本人は「中秋の名月」と呼び、古来から月見を楽しんできた。川のことにこじつければ、満月にテナガエビは脱皮するので、皮もふにゃふにゃで取るのはよくないとされる。「ムーンリバー」とう名曲の歌詞からは水面にすうっとのびた月の光を思わせるけど、実際満月の下で泳ぐのは暗い水の怖さがぐっと和らいでとても心地いい。

京都の大文字山は 眼下に京都市内を一望できる名所。夜景がみえるので、ノリノリの京都在住者は懐中電灯で夜の登山に向かう。銀閣寺から登り、40分もあれば五山の送り火で大の字がごうごうと燃えるあの場所に着く。登りましょうか。時に、中秋の名月。

チーム大文字のメンバーは僕・拓也(現役スタッフ)、おーちゃん(6,7期)、あさだ(現役)、おけいはん(6,8,9期)。僕はかつて京都の大学生で、あさだとおけいは京都在住、おーちゃんは京都が職場である。

午後9時を前に、ヘッドライトを頼りに登り始める。もちろん街灯などなく、真っ暗。ほんの少しの心細さを感じながら歩きつづけると、林の中から急に草原が広がる。送り火が燃える場所だ。登山者を阻むかのような最後の急登が待っているけど、右手の斜面の向こう側に迫りくるような夜景が見える。

坂の上の狭い平地がゴール。他のグループや外国人の姿もみえる。京都の夜景ってこんなに広いんだと思わせる180°近い夜景。黒い所は御所と下鴨神社。京都タワーもちっちゃい。だけど色合いはくるりのベストアルバムのジャケットそのもの。空には満月。

IMG_4928_convert_20110915223938.jpg


夜景を眺めながら、ロマンチックに会話が弾む。
「つまみのウズラ卵いる人ー?」
「欲しいズラ」
僕の右手にはビール、あさだもチューハイ。
残念ながらおけいはんとおーちゃんは、もともとアルコールの分解酵素を持ち合わせておらず。



夜の山路を脅かし合いながら下りました。

京都の違った楽しみ方ができる場所。
おすすめです。


飛行石



どーも。ちえです。

な、な、な、なんと!!!


わたくし、飛行石を手に入れました!!

これで何でもできる!!
やったー!!


??


勝手にベストショット大会


てきとうなかんじの
「勝手にベストショット大会」

(えい)

※えいが撮影したスタッフ達の写真です。
 本山下見は8月上旬、スタッフだけの下見キャンプ
 穴吹は2回目キャンプかな?

むみん@本山下見
むーみん@本山下見

やぴ@本山下見
やっぴー@本山下見

わっきー@穴吹
わっきー@穴吹

あさだ@本山下見
あさだ@本山下見

あさわきこども@穴吹
あさだ、わっきー、こども@穴吹

くらあきはた@本山下見
くらけん、あき、はた@本山下見

はた@本山下見
はた@本山下見

ほか@本山下見
ほか@本山下見

プロフィール

吉野川シンポジウム実行委員会

Author:吉野川シンポジウム実行委員会
【川の学校公式ブログ】
スタッフが更新しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。