12期1回目レポート①

あさだです!久しぶりです!
12期のみんな、7月が中止になって川のことすっかり忘れちゃってないかい??

わたしたちスタッフは先週末、次回キャンプ地本山の下見に行ってきました☆へへへ
そのレポートはまたここにアップします。

遅まきながら、親ガッパによる1回目のレポートが届きました!
みんな、前回できたこと、できなかったこと思い出して、6日後のキャンプに臨もう~~!!


--------------------------------------------------------------

レポート 川の学校(第12期)の作られ方
本番第一回(一日目:6月16日)


1.開校の危機
「前が見えない...」、6月16日第1回川の学校開校の朝、土砂降りの雨であった。
 私(なおさん)はゆみさんの車で第十堰北岸に早朝入り。一時は隣に止まっている車の中の人が見えないくらいの降りの中、すでに前日入りしているスタッフもほとんど車中で待機している。
「できるんやろか?中止かも...」というのが到着時の正直な感想。地面は水たまりだらけ、もちろんマーキ(
キッチンテント)のなかも。
やや小降りになった7時すぎ、雨中の最終決定ミーティング。
「安全にやる自信がない、中止したほうがいいかもしれない」という意見も出た。正直な勇気のいる発言だ。スタッフみんな、やりたい気持ちと、安全にできるのだろうかという気持ちが交錯している。
ミニちちやぴが一番悩んだであろう。初っ端から試練。迷った...
決断。「やる!」っと!

2.開校
 やると決まれば、スタッフの動きは速い、研修の成果。
 雨が降り続く中、黙々と準備を進めるスタッフが頼もしい。準備しているうちに雨も止み、まだ開校式まで1時間以上もあるというのに早くも川ガキたちがやってきた。みんな不安と期待が入り混じった、ちょっと緊張感のある受付時の表情が初々しい。
大丈夫、間違いなく期待(楽しみ)のほうが増幅していくからね。

開校式、川ガキもスタッフもやや緊張、リラックスしていたのは川ガキ保護者。その視線は我が子よりも野田校長に集中。私もそうであったが、野田さんの学校で川遊び→野田さんに会える、とこの時点で期待わくわくしているのは親なのだ。
1時間後には、「保護者は4 km 以内立ち入り禁止」という川の学校の有名規則により強制退去となってしまうのだが。

1kai.jpg



3.行動開始
 さて我ら親ガッパ、記念すべき第1回キッチン、「親子丼、みそ汁」。今年は小学生が多く、初日で食べる量も少ないだろうと推測。違った、食べてくれました。ガッツリと!
 いい食べっぷりだ、そんなにうまかったか?よかった、よかったと勝手に解釈してしまうキッチンスタッフ。
 
昼食後はさっそく川遊び。また雨が降り始めてきたけれど、関係なさそう。ガサガサ、カヌー、釣り、飛び込みなど、みんな自分で遊びを選ぶ。
ガサガサを見に行く。雨はかなり強く降っていたが、まったく関係ないといった様子。
川ガキの視線は草の茂みに夢中。「とれたっー!」とあちこちで歓声があがる。なにも言わずに、網を大事そうに持ってきて見せてくれる子もいた。(やった!、とれた。)と目が言っていた。
本降りの雨、楽しい雨であった。

4.屋台村、夜話
 夕食は恒例「屋台村」。
みんな初体験だけど、あらかじめスタッフによって用意されたメニューを班ごとに作ってみんなに振る舞うという、作っても楽しい食べても楽しい、お祭りの夜店のような夕食風景。
 おなじみのそば米汁、お好み焼き、チャーハン、餃子、ドーナツなどなど。今回は新メニュー「せんべい」が登場。ごはんを薄焼きにした厚めの生せんべいと言ったところか。うまいぞっ、これは。
 我がキッチンスタッフも参加、クレープ作りました。生地はうまく焼けた。具材もフルーツ準備OK 。私が作ろうとしたホイップクリーム、失敗。ゆるゆるプチプチ砂糖牛乳になってしまった。キッチンスタッフとして撃沈!しかし文句も言わず「おいしいよ。」と言って食べてくれた川ガキ諸君、ありがとうよ。
 
夜はこれまた恒例、野田校長の夜話&ハモニカライブ。
私は後片付けしながらも気になって気になって、ちょっと抜け出して十角の中に入り込んで聞き入っていました。
日本の唄、いいですねえ。「兎追いし~かのやまぁ~~」そりゃぁ、ハモりますよね。
時おり大降りになる雨の中のテント、焚き火に落書き、クラフト、おしゃべりなどなど、初日で気持ち高ぶる川ガキたちの夜はまだまだ続く。

5.朝の轟音
2日目朝、テントに聞こえてくる「ごぉおぉ〜ごぉおぉ〜」という音。第十堰の川の流れの音だ。
魚道もみごとに「ミニナイアガラ」状態。昨日ガサガサしたところも、今朝は急流下りができそうだ。
1日で恐ろしいほど増水している今朝の吉野川、自然の力強さを実感。

6.初の朝食
 2日目朝食はサンドウィッチとオニオンコーンスープ。
 すっかり緊張感のとれた川ガキたち、朝食準備のお手伝いに参加。よし、みんなで作ろう!タマゴいれて、ハムいれて、レタスいれて、トマトいれてのヨコ渡しベルトコンベアー方式でどんどん出来上がる。
誰だ?トマト抜いてくれって言ってるのは...60以上のサンドイッチはあっという間に出来上がった。おかわり分もどんどん減っていく、やっぱりよく食べる子が揃ったか。

7.川に入らない日
今日の増水した川でできる川遊びは釣りのみ、あとは本部(もとべ)で遊ぼうということになった。
釣り組は車で出発、さあ本部組なにしよう?
大丈夫でした。研修を通じていろいろな引き出しを持ったスタッフ達。いろんな遊びを教えてくれる。マイやす作ったり、コップ、はし作ったり、ただ削っているだけだったり、、、川ガキたちは肥後の守が楽しい。
あっちのほうでは、焚き火おこして焼き印(川の学校の焼き印があるのです。)の準備か。のどかな川辺の風景であった。

2.jpg


8.昼食
 さて、昼食はスパゲティ。ソースはミートとクリームの2種類。
 研修ではせいぢさんとくまさんが経験済み、しかもかなりうまかったらしい。心強い。
 味見を重ねて重ねて(決して食べているんではありません)、すばらしくうまそうなソース2種完成。野田さんが、一番に出来上がりを眺めにキッチンへ登場。「おぉ、スパゲティか、おいしそうだな」とニコニコ感想を。それを聞いていた川ガキたち、急いで食器を取りに向かい、我れ先にと列に並んでくれた。うれしいなぁ。

9.1回目終了
 昼食後は帰りの準備。今回は天気も悪く、唯一の2日間ということであっという間に過ぎた感じ。こういう天候も、思い出としては強く心に残りそう。川ガキにとっては悪天候だった?という感覚かもしれないが。
 まだまだ遊びたいけれど、次回からは3日間だ。遊べる時間は2倍以上になるぞ。
 お迎えの車の中から名残惜しそうに元気よく手を振って応えてくれる川ガキ。うむ?保護者も負けずに手を振ってくれている。
ありがとうございます、がんばりますよ、親ガッパも!
 川ガキもスタッフもどんどん成長して、楽しい12期川の学校にしていこう。

10.番外編
 2日目、時おり太陽も顔を出し始めてきた雨上がりの朝。サンドウィッチでおなかも満たされた野田校長はデッキチェアでウトウト、というよりは爆睡中...チャンス!とばかりにみんなでそぉ〜とそぉ〜と、横に並んで記念撮影。
 野田校長爆睡のまま、当然顔は空向いて、足はだらんと...みどりさんも撮影に参加。おそらくこの写真はBe-pal に載ることはないでしょう。楽しい記念撮影でした。

(なおさん)

--------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉野川シンポジウム実行委員会

Author:吉野川シンポジウム実行委員会
【川の学校公式ブログ】
スタッフが更新しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR