スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目研修レポート<第4章>

第三回研修(三日目:5月5日)遊び場潜入レポート
 
親ガッパカメラマン「せいぢ」決死の同行取材です。
この日は善入寺島北側でのカヌー・ガサガサに密着しました。

       レポート4-1     レポート4-2


    レポート4-4     レポート4-3

       レポート4-7    レポート4-6


ふふふ
みんな笑顔がまぶしいねー!








3回目研修レポート<第3章>


親ガッパpresents 研修レポート~第3章~
(すんません、2章のデータがどうしても言うこときかなくて、先に!)

----------------------------------------------------------
第三回研修(四日目:5月6日)“もとぶ”の風景

“もとぶ”って何? 
川の学校ではどんな遊びでもOKです。たとえば本部テント付近での川遊びやクラフトなどの陸遊びもあります。
もうお分かりですね。本部、つまり“もとぶ”です。これはどうやら川ガキスラングのようです。

 さあ、最終日の午前です。今日はまた風が出てきました。少し雲行きも怪しそう、水に入ると冷たいかな・・・。
こんな日は、野田校長の話を聞きながら、十角テントでまったり竹クラフトだ、と思ったかどうかは知りませんが、何人かの川ガキは“もとぶ”で過ごします。
 まずは野田校長を真ん中に車座になって座ります。
校長は懸案の原稿を仕上げられご機嫌な様子です。手振り身振りで話をしています。
川ガキも一緒にいるスタッフも、校長が大きく手を広げると、一斉に目が真ん丸く大きく広がります。何のお話なんでしょう。残念ながらキッチンテントまでは聞こえてはきませんでした。
おやおや川ガキが一人、皆に背を向けて座り、アレックスの頭を撫でています。でもよく見ると背中全体を使って話を聞いているようです。皆と繋がった同じ時間が流れていました。
 さあ、お話も一段落、スタッフが切ってきた竹をさらに自分が作りたいものへと変身させます。節抜き、竹切り、肥後守、両刃鉈に紙やすり。竹箸、竹皿、竹お猪口、竹の名札に竹光刀。
 そらそら野田校長も竹を切り始めましたよ。 あれっ、テントの奥では昨日まで全力で遊んだ川ガキが寝ていますね。
 怪しかった雲行きも今は晴れ渡り、天空高くひばりのさえずりが聞こえてきます。広い空、広い川原の十角テント、ゆったりとした時間が流れています。穏やかな景色を少しさびしく感じてしまうのは、11期川の学校を名残り惜しむ気持ちが強くなってきたからでしょうか。

さてさて、一方、キッチンテントは食事の準備です。
11期の川ガキに最後に食べてもらうのは、その名も“なんちゃって酢鶏”です。
予算の関係上、豚が鶏に変身しちゃいました。ご飯は6kg炊きます。下ごしらえに時間がかかるため2時間以上前から調理開始です。
いつものようにひたすら野菜を切り、鶏肉を切ります。そしてひたすら野菜を下茹でし、鶏肉を揚げます。夏の最中ではつらい作業となりそうです。川の学校の一番大きななべを取り出し炒めていきます。上半身を使って大きな木べらでかき混ぜます。ご飯の炊ける良い匂いも漂いだしました。
いろんな場所でいろんな遊びをしてきた川ガキたちが元気に帰ってきました。ほら、ちらちらキッチンテントを覗いています。お腹がぺこぺこなのでしょう。よかった、ご飯は時間通りにできあがりそうです。


~こんな景色あんな情景~
「恐怖の“かごめかごめ”と狂乱の“はないちもんめ”」
研修二日目の深夜、本部テント前で突如始まった“かごめかごめ”。
11・12期スタッフ入り混じってのお遊びです。しゃがんで目をつぶるオニの周りを大声で歌いながら回ります。オニが混乱するように回るスピードがだんだん速くなります。さまざまな声色を使います。
さあ、わたるが真ん中に座って目を閉じました。わたるを囲んで人の輪が回ります。息を弾ませ大きな声で「後ろの正面だっあっれっ!!」。あれっ、でもわたるの周りから人が一人抜け、二人抜けしていきました。
その時、輪から抜けようとしたスタッフの眼と、テントの中の保護者スタッフの眼が合いました。その保護者スタッフは周りの保護者スタッフと無言で眼を合わせます。するすると保護者スタッフ達が音もなくわたるを取り囲みました。老若スタッフの息の合ったプレーです。
すーさんが「誰でしょう?」なんと女の子の声色でわたるを幻惑します。「誰やねんな・・」焦れてしまったわたるはとうとう目を開けてしまいます。その目の前には図体のでっかいおっさんたちが・・・。
中天の満月に突き刺さるのは、わたるの大きな絶叫でした。
わたるの悲鳴で幕を閉じた“かごめかごめ”に代わって、次の懐かしの遊びは、“はないちもんめ”です。テンションの高さは継続しています。でもその中で誰よりも大きな声を上げ、誰よりも速く相手の列に突進し、誰よりも高く足を上げているのは、なんと我らが事務局長、黄色いヤッケの“すーさん”ではないですか。
「たーんす長持ちあの子が欲しいっ」
「あの子じゃわからんっ」
そばを通るスタッフが目を丸くして見ています。
「相談しまっしょっ」,「そうしまっしょっ」,「べぇーっ」,「べぇーっ」
そのスタッフも参加しだしました。
じゃんけんの度、歓声が上がり、両の拳を突き上げるもの、うなだれるもの。延々と果てしない戦いが続いています。
月も中天から西に傾きました。その後どうなったかって?頭がくらくらしてきた私は寝てしまいました。
翌朝、本部テント前には誰の体も転がっていませんでしたから無事終了したのでしょう。

レポート3


「サブチャンコンピュータ」
朝の全体集合、さぶちゃんの頭はコンピューターだ。
さぶちゃんはFather Director、略してFDだ。川ガキの希望に合わせてスタッフの配置や配車の手配なんかを考えるんだ。前日には予め大体の計画は立てている。でもスタッフが考える面白い遊びと、川ガキが考えるそれとは違ったりするんだな。だから朝の全体集合で川ガキにその日の遊びの希望を聞くと、遊びごとの人数はたいがい予想からはずれてたりする。
そこでサブチャンコンピュータの登場だ。さぶちゃんの眉間には少ししわがより、目は宙を漂いだす。「あの遊びは人数が大幅に増えたから、ここのスタッフをこちらに持ってきて、さて配車は・・・」、さぶちゃんの頭の中では数十億本のニューロンに数千万のパルスが同時に走り回っているんだ。
そんなに簡単な計算じゃないんだぜ、FDはスタッフの教育も考えなければだめだから、「あのスタッフはこれが苦手だから、練習をかねてあえてここに・・・」とか、それ以外にも「この遊びの川ガキは女の子が多くなったから、スタッフの男女比も・・・」だったり、「体調が悪そうな川ガキはいつでも本部に帰れるように・・・」。
計算が遅くなればそれだけ遊ぶ時間も少なくなるから必死だよ。こんな計算をいつも2分以内で、今回の研修では確か平均1分37秒だったな、で出すんだぜ。
でも、さぶちゃんは少しだけお年だから、もしかしたら頭の中ではパチパチと算盤が鳴っているのかもしれない。うーん、そこまで古くはないか。あっ、わかった。ぴっぴっぴっ。電卓だっ!

「ミニちちやぴの苦悩」
やぴが優秀なスタッフであることは間違いない。
遊びの経験、遊びの技術、自らを犠牲にしても笑いを取る態度、兄がっぱとしては何をとっても一流だ。
実際彼はよく見ている、ひとりひとりの川ガキの状態を。ギャグを言いながら、時には逆にイジられながら、からんでこない川ガキにはこちらからからみながら、丁寧に一人一人にコンタクトを取り続ける。
そんなやぴの12期での役目は“ちち”の代理、ミニちちだ。やぴなら大丈夫、僕も思ったし、みんなもそう思っていた。でも、まだだめみたいだ。それはリアルははからのダメだしだ。「あなたは一か所にいては駄目なのよ、全体を見るのよ」
今までのやぴは一枚一枚の川ガキという葉っぱを丁寧に見てくれていたのだと思う。
でも12期では川の学校という木全体を見なければならないのだ。葉っぱに眼の焦点を合わせていては木の姿は掴めないのだろう。
「この経験を通して何か新しいものが見えてくると思う」やぴはそう言った。
それは川の学校の新しい捉え方であったり、組織運営のヒントであったりするのかもしれない。
やぴの背中が割れてきた。折り畳まれた羽が見える。やぴの羽化に期待!

(くま)

-------------------------------------------------------------

3回目研修レポートby親ガッパ<第1章>


こんちは!あさだよ!
なんと、もう7月です。
つまり
いよいよ、第2回目川の学校が近づいて参りました。

12期川ガキ諸君。今から風邪なんてひいちゃダメやで!
抜群の体調と準備とやる気で、四国一の清流・穴吹川を攻略しちゃおうぜー!!!
12期川ガキよ。何したいかリクエスト募集!コメントよろしく!
カツオそう作に負けるな!
スタッフのみんなで参考にするからね◎

そして、今回も親ガッパsによる大作
3回目スタッフ研修・兼・11期5回目&同窓会レポートです~
感想もよろしく!

---------------------------------------

レポート 川の学校(第12期)の作られ方
第三回研修(一日目:5月3日)

5月のゴールデンウィーク(5/3-5/6)はスタッフ研修3回目。
第11期生の5回目を兼ねていることもあり(昨年1回天候不良で中止になった)、スタッフ研修としては実践さながらの本番へ向けた絶好の機会であった。
 4日間という,研修~本番を通じて最長期間ということで不安もあったが、今まで「四キロ以内は立ち入り禁止」の保護者には、見ることもできなかった「川の学校」を目の前で見られる期待の方が大きい。

今回キッチンスタッフは,チーフのちえちゃんと保護者オヤジ四人(兼カメラマン)。
フィールドスタッフは11期も参加しているため、スタッフ数は川ガキよりも多い総勢30人超の大人数となった。
初日10時小畠家集合。風が強くややひんやりとした朝。9時半ころにはみんな集合して来てやる気満々。
さあ装備の積み込みだ。そこへ保護者スタッフ「すーさん」登場。なんとTシャツ短パン姿、しかも短パンは昔の丈の短いホントの短パン。いいですねぇ~オヤジ雰囲気。。(若者スタッフの意欲を超えている)。
それにしても凄まじい量の備品だ。カヌー、テント、キッチン用品、遊び道具、等々,この備品の積み込み設営、撤去は地味な仕事だけれど一番大変だ。さあ、いざ善入寺島へ。

大正初期まで集落もあった善入寺島だが、今では農地利用のみが許可されており人は住んでいない。潜水橋を渡って壊れた鳥居をくぐり抜けると、そこは目的地の河原。
設営を迅速に済ませて、早速キッチン開始。初日の昼は手早く「サラダ冷麺」、鍋とお玉を打ち合わせてカンカンカンカン!「ごはんできたよぉ~」とお食事コール!
夕食までの時間は、キッチンスタッフもガサガサポイント巡り等のフィールド散策に参加。
晴れて暖かいとは言え5月の川は冷たい。
しかし若者「チーフ格」スタッフ達は偉い。
ガンガンずぶ濡れになって歯をガタガタ震わせながらも、顔を引きつらせながらも笑っている。新規スタッフよ、見たか?君たちへのアピールだぞ。(私にはできません、心臓とまる。。。)

帰って晩ごはん準備、メニューは「鶏の柔らか煮、みそ汁」。
「肉切りのせいぢ」がここで誕生。せいぢさんは何をやらせてもプロ級。それゆえに、肉切りもうまいはずとキラキラ視線を浴びる→オレってそうかなぁ?がんばっちゃおうかなぁ→みんなでうなずく(ヨイショ!)→ヘタなところは見せられん、と更にがんばる→ドンドンうまくなる。いい好循環だ。
料理完成、うまい。。。
夜は焚き火研修。あちらこちらで炎が揺れている。月明かりに照らされて、河原にくっきりと映る自分の影。
街中では見られないやさしい光景が広がる夜であった。

(2日目:5月4日)
今日も風が強い。テントが飛ばされそうなくらいだ(実際フワ~とUFOのように舞ってたテントもあったようで)。
朝、用足しに河原を走っていくと、小鳥がヒュッと飛び上がる。でも遠くへ飛び立つわけではなく、すぐ近くに舞い降りる。どうやらこの辺りで営巣中のヒバリのようだ。踏み潰さないように気をつけねば。

いよいよ11期川ガキがやってくる。スタッフが緊張していてはイカンのだけど、微妙に心地よい緊張感が体をめぐる。
来た来た、11時過ぎからボツボツと集まってくる。みんなうれしそうなイイ顔してる。
オヤジキッチンスタッフは初の本番演習。さて準備開始、と食材を机の上に出してみてその多さにオドロキ。
60人分ですよ、みなさん、笑っちゃいます(引きつり笑い。。)。

我がキッチンスタッフチーフちえちゃん、さすがです。オヤジどもがパニックしないように、最初はどんぶり物をメニューに選択。なんとかなりそうです。米7.5kgを炊く。(7.5合ではありません)想像を超えてます。
の料理や、よくある雑誌のアウトドア料理は参考になりません、という感覚。
60人分の野外料理、給食おじさんガンバリました。メニューは「ビビンバとわかめスープ」。うまそうです。
川ガキたち食い盛り。どうしても「肉山盛り」リクエストが多い。
60人最後の人までとりあえずゆき渡らせるよう、配給制限。(ごめんな、おかわりはできるからな)
2日目午後はスーパーへ買い出し。これがまたハンパではない。朝食用の食パン、4枚切り18斤!田舎スーパーには13斤しかなかった。
地元のみなさん、たけのこ、かぼちゃ、その他もろもろ買い占めちゃってごめんなさい。

夕方になって、久々に川で遊びまくった川ガキ達が帰って来た。みんな腹減ってるんだ。    
おやつのおにぎりは大活躍。食えばまた元気になる川ガキたち。
河原で野球を始めるヤツらもいる。時々ボールがキッチンテントに飛び込んでくる。
怒られるんだけど野球は続く。。。楽しいなぁ~。

晩ごはんは「おでん」。私は名古屋からの参加。おでんといえば、「味噌」ですね。
さりげなく、あくまでさりげなくおでん鍋の前に立って、取り分けるふりして持参の「かけてみそつけてみそ(商品名です)」をアピール。
川ガキたちはなかなか保守的だ。売れ行きはイマイチであった。
まあ我々の作ったおでんの出汁がうま過ぎたんでしょう。さすが黄金の舌を持つ、すーさんが何度も味を整えての自信作だけのことはある。(私もみそは控えた。。。)

夜はみんな自由に過ごす。と言っても久々の夜ふかしOKの夜。
日付け変わろうとしているのに、なんか全員起きてるんじゃないか~と思うくらい騒がしいし、まだまだ焚き火の炎も揺れている。話したいこといっぱいあるんだろうな。
まあいいか。でもオヤジの私は夜ふかし苦手、ましてや翌朝6:30行動開始ということで、おやすみなさい、でした。
今宵も強風でテントの中も騒がしい、2日連続寝不足の夜となりそうだ。

番外レポート
(3日目:5月5日)
私は午前中は本部前で川遊びに参加。川ふちガサガサで川ガキと奮闘、この時期まだまだ小さい魚体でなかなか捕まえるの大変だったけれど、なんとか唐揚げにできるくらいの量のヨシノボリをゲット!
くまさんは本番をにらんで、カメラを抱えて川の中をポジショニング。
あっちこっち移動して、腰まで水に浸かりながらベストアングルを探していた。本番ではイイ写真を撮ってもらえそうです。

(4日目:5月6日)
野田校長もお昼ごはんの列に並んでくれている。今日のメニューは「なんちゃって酢鶏(豚じゃないんです。)」。
私は酢鶏担当で、野田校長がどんぶりにごはんをタップリよそって目の前に登場!
「タップリ入れていいですか、おいしいですよ」と緊張しながら言ってみたら、「うん!」と力強い一言。
盛りにもっちゃいました。校長先生、まだまだ若いです。
校長なおさん


 なおさん(7期川ガキ親ガッパ)

-------------------------------------

なんと、今回はまだ続くよ!


12期スタッフ紹介 あっちゃん

【あっちゃん】バックスタッフ 6期卒業生 


IMG_3943.jpg



あっちゃんは児童学科1年生で大の子ども好き。
正真正銘第6期の「川ガキ」です。
鎌倉出身の少年は川の学校に関わりたいと徳島の大学を選びました。
時間を忘れて子どもと焚き火を囲んで語り合います。
今回バックスタッフさんですが,その分どの班の子ども達とも遊べます。
密かにうごめくフォーティーズ?の魔の手から
君たち守ってくれる頼れる兄貴分です。
まじめでシャイで親切で,
ついでにカワイイ笑顔でプリンス的存在になってます。

〈紹介:ター坊〉

2回目研修レポートby親ガッパ


あさだです!

先日、雨にも負けず、中止することなく無事1回目川の学校を終えることができました!
やー、ほんと当日早朝の豪雨っぷりには、まじでどうなるのかと思いましたよ。。
でも楽しかった~~☆☆

そんな本番を迎えるまでのスタッフ研修を
親ガッパsによるレポートで今回もご紹介します!

親ガッパ?って?
保護者会のみなさまの呼び名がやっと決まったのですよ。ふふ
これからはみんな呼んであげてね、親ガッパって☆

--------------------------------------------------

レポート 川の学校(第12期)の作られ方・第二回研修
(一日目:4月21日)

第二回研修は、鮎喰川で行われました。
当初、快晴でしたが、予報では、午後から雨。大荒れの予報です。
できれば外れてほしいと思っていたのですが・・
今回予報的中。やはり悪天候となってしまったのです。

まずは昼食の準備。スタッフ達のすばらしいチームワークでどんどんとキッチン設備が組みあがっていくのです。
それと同時に、料理開始。
メニューは「親子丼、味噌汁」,くまさん作の親子丼は、半熟たまごを使った本格風、なかなかのものでした。

昼食後研修開始、スタッフ達は、冷たい川へ。私達は片付け。
飛び込み、カヌー、潜りの研修、私達は見守るだけにしました。
「一緒に」とあさだ、やっぴーから声を掛けていただきましたが、あの水温の川に入る勇気は、私にはありません。というか、絶対無理・・・・だったのです。
一応、研修を終えて帰ってくるスタッフのためにと、くまさんと焚き火の準備に取り掛かりました。

ところが、そのころから雲行きが怪しくなり突然、雨、風、突風・・・いかん、マーキーが飛びそう。
スタッフ達が駆け寄り、サブちゃん指導のもと、土嚢で重り、ボンゴ、エミーナで風除けしました。
それはもうほんと、すばらしい連携プレーでした。
その後も、スタッフ達は研修で、冷たい川へ。がんばれスタッフ!
で、私たちは、途中になっていた焚き火起しへ。
雨にぬれた薪はなかなか着火せず、四苦八苦。なんとか着火し、夕食の準備に取り掛かりました。

夕食のメニューは「パスタ二種(ミートソース、クリームソース),サラダ」です。
ミートソースはくまさん、私は、クリームソースを担当しました。
くまさんは、すべて一から製作。凄いです。
私はというと、化学と文明の結晶,ハウスのクリームシチュウの素を使うという、手抜き料理・・・でも絶対美味しいはずです。ハウスですから。
やはり、みんなの評価は、五分五分でした。

夕食後の研修は、クラフト、竹割り、鋸の使い方など初心者を中心に練習。
最後はみんな、職人のようにサマになってました。
その後、ミーティング、自由時間、就寝・・・二日目につづく。

(二日目:4月22日)
6時半頃起きると、なにやら目の前に赤い光が・・くるくると・・
どうやら、上流で雨が降っているみたいで、増水注意のライトでした。

朝食後は、キャンプ地移動の準備。
ところが、候補地が見つからず、そのまま河川敷から道路沿いの駐車場および東屋へ移動しました。
そのころから、風雨がますます強くなり、投げ釣りの研修も切り上げマーキーの下へ避難。
私達はというと、東屋を借りて昼食作りに。

メニューは「しょうが焼き、マカロニ(パスタ)サラダ、味噌汁」でした。
しょうが焼きは、私が味付けをしたのですが、みんなからは、少し濃いとの評価が・・・
私も味見、「ん~確かに濃い」味見の時は、ちょうどいい塩梅だったのに・・・?
どうも、冷めて味が濃くなってしまったようです。
次回からは、気をつけないと・・・勉強になりました。

昼食後は、ミーティングを終えて少し早かったのですが、撤収開始。
すべての荷物を積み終えて、高校生スタッフひかるが「カヌーが一艇足りない」「白のスラ艇が無い」
確認の為、前日の写真を見直す私。たしかに前日の写真には白のスラ艇が、はっきりと映っております。
道路から河川敷を見下ろしてみても、見当たらない。
下流の堰下まで見に行くと、遥か前方にカヌーらしき物体が・・・
なぜ、あの場所まで?想像ですが、夜中の強風で飛ばされ川へ、そこから流され堰を越えて流れ着いたのでは…。
私は、全然記憶に無かったのですが、高校生の記憶力恐るべしです。
無事、カヌー回収して、オバタ家へ。

以上が、研修第二回目の概要です。雨の中の研修という良い経験ができました。
あと、料理の味付けは、なかなか難しいです。食べるまでの時間を考慮しないと・・・冷めると味濃くなります!
人に、美味しく食べてもらえる食事を作るって、思っていたよりほんと大変です。
川ガキに、おいしく食べてもらえるようにもう少し勉強です。

(せいぢさん)

<こんな景色あんな情景>
保護者会キッチンスタッフによる本編レポートとは別に、
折にふれ気がついた、川の学校の情景を切り取っていきたいと思います。

「楽しもう」
ガラ引きという漁をしました。みんなでやってたくさん取れる楽しい獲り方です。
川から上がったみんながキッチンテントまで戻ってきました。
どの顔も寒さで引きつりつつもニコニコです。
重ーいバケツを持つ “はな”の肩が下がっています。
「大漁」って、バケツを覗くと、水の中には大きな石が・・・。
キッチンスタッフを喜ばすためにわざわざご苦労さん。
お魚さんはまだまだ寒くてお休みだったようです。

「飛び込み」
鮎喰川、キャンプ地より上流へフィールド探索に行っていたスタッフが戻ってきた。
「お前が飛び込むとは思えへんかったなぁ」
「飛び込みは好きじゃなかったから」
飛び込んだのは、どうやら潜りが大好きな高校生スタッフの “ひかる”らしい。
雨の中、彼の大きなからだは飛び込み岩から跳躍し、水面へとダイブしたのだ。
なぜ彼は好きでもない飛込みをしたのか。
それは多分こうなのだろう。
今回の川の学校は、自分の遊びのためではない。
自分は、川遊びの楽しさを、できるかぎり川ガキに伝えなければならない。
どんな遊びでも経験して自分なりの伝える言葉を持とう。

「暴動が起こらぬように」
できました。激ウマ豚の生姜焼き。
キッチンの横を通るスタッフの鼻がぴくぴく動くと、途端に眼がらんらんと輝きだします。
冷たい雨の降る中、長い間水の中に入っていた彼らには酷すぎる刺激です。
我慢しきれずにスタッフが料理の大鍋を取りに来ます。マーキーテントで大きな歓声が上がっています。
あと片付けをざっとして、キッチンスタッフも食器を持ってマーキーテントへさぁ急げ。
「もう生姜焼きは無くなってるやろなー」と心の中で思いながら見た光景は、いつもはいない給食係。
「取り過ぎる人がいて足らなくなったら暴動が起こるから…」と、生姜焼きの前でトングを持ってサーブする“くろおび”。
皆の皿に丁寧に肉を分け入れながら「ああーっ、俺もはやく食いてぇー。」
ありがとう“くろおび”、キッチンスタッフもちゃんと頂けました。

「迷う」
2回目研修、終わりの振り返りで12期MD“あさだ”が皆に言う。
「私は研修も楽しくやっていきたい。でもそれは甘さに繋がるのかもしれない。その甘さでは子供の命を預かってはだめなのかもしれない。」
MD経験者が「それはこの程度がいいよ」といえば一応の解決にはなる。
でも、本当の解決は、この12期が終わって、本当に「この程度でよかった」のか、それとも「この程度では足らなかった」のかの感触を“あさだ”自身が掴むまでお預けなのだ。
だから“あさだ”は今でも迷っている。そして12期の間、迷い続けていくのだろう。

(くまさん)
----------------------------------------

どうなる?どうなるのだ、私!?(笑)
次回、3回目研修・兼・11期こども同窓会、近日アップします~~!

プロフィール

吉野川シンポジウム実行委員会

Author:吉野川シンポジウム実行委員会
【川の学校公式ブログ】
スタッフが更新しています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。